top of page

介重度訪問介護従業者養成研修(統合過程)

AdobeStock_445346430.jpeg

資格の特長

 FEATURE

  • 最短3日で資格取得が可能

  • 全国どこでも使える資格である

  • スキルアップとしてもおすすめな資格

重度訪問介護従業者養成研修とは

重度訪問介護従業者養成研修 統合課程とは、障害者総合支援法に基づく福祉サービスを提供できる重度訪問介護従業者の資格です。 当社研修の場合、2日間で修了できるカリキュラムで運営しております。

(※第三号研修は免除となります)

​受講料

基礎・追加課程 20,000 (税込)

統合課程 30,000 (税込)

​受講内容

基礎課程

基礎課程では、現場に必要な基礎的な技術や介護について学びます。
訪問介護の土台となる介護知識や技術に関する課程のため、特に介護分野の仕事をしたことがない方にとって重要な課程です。

追加課程

追加課程では、基礎課程よりもさらに詳しい内容を学ぶことができます。実習では実際に障がい者を訪問するため、より介護現場に近い知識や技術を身につけられます。

統合課程

統合課程を修了すると、基礎・追加課程で習得した以外にたんの吸引(喀痰吸引)やチューブによる栄養注入(経管栄養)などの医療的ケアまで行えるようになり、介護の幅がさらに広がります。
研修終了後、看護師の指導の下で利用者に対して行う実地研修での合格が必要になります。

​統合過程受講で2つの資格の取得が可能!

​重度訪問介護従業者資格

喀痰吸引等(第三号研修)資格

研修についてお電話での問い合わせ

03-6868-5518

(平日 9:00 ~ 18:00)

教室

所在地​   埼玉県草加市瀬崎3−31−14

営業時間  平日 9:00 ~ 18:00

bottom of page